北海道ダートスペシャル in スナガワ サービス

今回はエントラント3人、車両2台のため、2台積みのキャリアカーで。

初めて鶴岡くんの役に立った気がする。
これまで、ほとんど役に立っていないのに「ありがとうございます」と言ってくれているのが申し訳ないばかりだったけれど。

それに対して、ヨレ、平塚のCT9Aでは、タイヤ交換でミス。
うーん、確認はしすぎるということは無い。反省。

そして、もっと体力を付けたい。

とりあえず、鶴岡くんには「私がいるときは優勝できない」というジンクスができないでよかった。

FORTEC CUP in KYOTO サービス

今年で全日本ダートラは最後のコスモスパークでサービス。

2020年に全日本ラリーでこのコースが最初に使われた時に出ていたので、ちょっと感慨深い。
ここも太陽光パネルで埋め尽くされるのだろう。

パドックの路面は雨で最悪だったが、矢内さんの積んできた巨大で丈夫なシートを下に敷いていただき、かなり快適に過ごすことができた。
ドロドロのシート、後で洗うの大変だろうなあ。ありがとうございます。

公開練習の土曜日はTGRラリーの申し込み開始日だったが、電波の届かない会場を一度離れ近所の道の駅まで行き申し込み、無事完了。


幸い、タイスケもその時間は完熟歩行でそんなに気にすることもなく抜け出せた。

まあ、いてもいなくても問題ないだろうけどね。

  • Series: 2024 JAF 全日本ダートトライアル選手権 第1戦
  • Event: FORTEC CUP in KYOTO
  • Date: 2024年3月23日〜24日
  • Place: 京都コスモスパーク
  • Result: 鈴木正人 PNE1 2位、山部恭裕 PNE1 3位、鶴岡義広 SC1 8位、平塚忠博 SC2 10位、ヨレヨレトモキ SC2 13位
  • Official Result: https://team-fleet.com/

スーパートライアル in 今庄 サービス

来週には、ラリー北海道だというのに、全日本ダートラサービス。

十数年続いた今庄も閉鎖が決定し、今回で最後の全日本。
ダートラ場の経営なんて、ビジネスとして成り立たないのは明らかだ。
今後も減っていくことはあれど、増えることはほとんどないだろうなあ。

まあ、それはダートラ場に限らず、主催者も同じようなもの。

それでも、僕が車の運転ができるうちはダートラはなくならないだろうな。

と、若干の感傷に浸りつつ、本番。
サービスには福島くんも来てくれたので、結構楽ができた。

が、相変わらずいろいろ忘れてしまっていることも多い。

もはやそれほどの情熱はないにせよ、もう少しきちんとやりたいものだ。

丸和以来、毎回勝てそうで勝てない鶴岡君

来週のラリー北海道用ショックへの付け替えを、全日本ダートラ本番前に行う正人さん

  • Series: 2023 JAF 全日本ダートトライアル選手権 第7戦
  • Event: スーパートライアル in 今庄
  • Date: 2023年9月2日〜3日
  • Place: オートパーク今庄
  • Result: 鈴木正人 PNE1 5位、山部恭裕 PNE1 6位、鶴岡義広 PN2 2位、平塚忠博 SC2 11位、ヨレヨレトモキ SC2 14位
  • Official Result: http://t-zest.com/2023imajyo/2023imajyo_result.pdf

東北ダートトライアル IN KIRIYANAI サービス

豪雨の予報と共に、八戸に向かう。

が、秋田の方には申し訳ないが、幸い降水帯が南にずれたようで、かつて経験したことのないような雨にはならなかった。
それでも、30年モノのカッパは大活躍。

1ヒート途中で、降雨が強くなり、ヨレ君は急遽ウェットタイヤに変更で、タイヤ組み換えをダンロップさんにお願いに。
一応、来た甲斐ありましたかね。

正人さんには、山部さんがお休みなので、洗車といつものエア調整のみ。洗車は鶴岡くんが手伝ってくれたけど、私がサービスなんで自分のことやってくれててよいのですよ。

鶴岡君には、例によって自分で全部やってしまうので、洗車お手伝いと下足番。

ヨレ君には、組み換えのほかはいつものルーチン作業と、泥落とし程度。

平塚は、まあダブルエントリーのクーラー冷却くらい。

ヨレ君が1本目は中間ベストの4番手と絶好調だったので、これで私もお役ごめんかと期待したけれど、残念ながら2本目は車にトラブルが出て最下位に…

うん、今庄も行くことになりますかね。

  • Series: 2023 JAF 全日本ダートトライアル選手権 第6戦
  • Event: 2023年東北ダートトライアル IN KIRIYANAI
  • Date: 2023年7月15日〜16日
  • Place: サーキットパーク切谷内
  • Result:鈴木正人 PNE1 3位、鶴岡義広 PN2 2位、ヨレヨレトモキ SC2 14位、平塚忠博 SC2 12位
  • Official Result: http://cs-hinata.com/msc-h/result/deta/2023/JDC2023RES.pdf

ダートスプリント in 門前 サービス

先週のラリーに引き続き、日本海側でダートラサービス。

門前はコロナ過の影響で久々の開催。

コースレイアウトは自分が走るのであれば、全日本のコースの中で一番好きなコース。まあ、もう最近は完熟歩行に行くことも無いので、どこでも同じと言えば同じなのだけど…

梅雨のまっただ中にもかかわらず、公開練習本番とも制限に恵まれすぎて、かなり熱かった。昨年、北海道で手に入れたウルトのサロペット様々である。

サービスには福島君が来てくれたので、かなり楽をさせてもらった。

が、1本目インカーカメラをスタートさせ損なうという大失敗…

輪島の朝市を見てから観戦という夢はいつかなうんだろう。

  • Series: 2023 JAF 全日本ダートトライアル選手権 第5戦
  • Event: ダートスプリント in 門前
  • Date: 2023年6月17日〜18日
  • Place: 輪島市門前モータースポーツパーク
  • Result:鶴岡義広 PN2 5位、 鈴木正人 PNE1 3位、山部恭裕 PNE1 5位、ヨレヨレトモキ SC2 10位、平塚忠博 SC2 12位
  • Official Result: http://t-zest.com/2023monzen/2023monzen_result.pdf

北海道ダートスペシャル in スナガワ サービス

今年初の全日本ダートラサービス。
自称遠距離専門だけれど、京都は仕事が忙しくて行けなかった。

パドックの地面が乾いている砂川に感動。

既に4戦目(実際には3回目)だけれど、今年も一年クレデンシャル集めに行くのでよろしくお願いします。

  • Series: 2023 JAF 全日本ダートトライアル選手権 第4戦
  • Event: 北海道ダートスペシャル in スナガワ
  • Date: 2023年6月27日〜28日
  • Place: オートスポーツランドスナガワ
  • Result:
    • 鈴木正人 PNE1 3位
    • 山部恭裕 PNE1 4位
    • 鶴岡義広 PN2 2位
    • 平塚忠博 SC2 5位
    • ヨレヨレトモキ SC2 10位
  • Official Result: http://agmsc.site/wp-content/uploads/2023/05/JDC4_F_ALL.pdf

ダートトライアル in タカタ サービス

今年もこれで全日本ダートラはおわり。
孝敬と2人でサービス。

正人さん、山部さんは2人でシード獲得。
鶴岡さんは、良いスタートを切ったものの、まるでマークされてしまったかのように厳しい戦いだったけれど、楽しめていたようで。でも、表に出さないけど、きっとかなり悔しいんだろう。
ヨレさんは、ニューヘルメット投入。うん、来年もやれそうだね。がんばって。
平塚さんは、今年もいろいろ手配、陸送しながら、参戦お疲れ様でした。

アラ還の私は、そろそろ限界…
毎年言ってるけど。

  • Series: 2022 JAF 全日本ダートトライアル選手権 第7戦
  • Event: ダートトライアル in タカタ
  • Date: 2022年10月1日、2日
  • Place: テクニックステージタカタ
  • Result:
    • 鈴木正人 JD11 4位
    • 山部恭裕 JD11 6位
    • 鶴岡義広 JD8 7位
    • 平塚忠博 JD2 8位
    • ヨレヨレトモキ JD2 10位
  • Official Result: https://jmrc-chugoku.org/2022dirt/sokuhou/all/1002.pdf

ラリー北海道 サービス3, 4日目

さて、ラリー本番。
北の大地の試練は訪れる。

初日。
常勝孝敬は、トップの鷲尾さんについていけない。まあ、久々のアクアだし、ダートはそんなに走り込んでいないから仕方がないのか。
古川は、エンジンがどうにも調子が悪いようで、大きくタイムロス。同じスイフト乗りの西川が心当たりをチェックする。
そして、トドメは、まさかの平塚のリタイヤ。
山の中にお迎えに行ったのが、今回私がサービスに来てやった一番のお仕事だったかもしれない。

二日目。
孝敬は2位。追い上げるラリーを楽しめたようで? よかったですね。
トラブル解消したらしい古川は、追い上げを図るが順位上がらす。
西川、本橋はせっかくサービスに来てくれたのにこんなことを言うのはなんだけど、もうチャンピオンも決まっているんだから、思い切り北の大地を走ったほうがよかったんじゃないの? ダートが嫌いだというなら、まあいいけど。

サービスは、プロフェッショナル神田さん、セミプロフェッショナルなヨレ君が頑張ってくれたのだけれど、アマチュアな私が足を引っ張ること限りなく。

そして、今年も「北海道に来るのはこれで最後だな」と思いながらフェリーに乗ったのだった。

  • Series: 2022 JAF 全日本ラリー選手権 第7戦
  • Event: ラリー北海道
  • Date: 2022年9月9日〜11日
  • Place: 北海道
  • Organizer: AG.MSC
  • Result: Dr.古川寛、Co-Dr.吉田賢吾(JN4 3位)。Dr.海老原孝敬、Co-Dr.原田晃一(JN6 2位)。Dr.平塚忠博、Co-Dr.前田良書(XC2 R)
  • Official Result:

ラリー北海道 サービス 2日目

プロフェッショナルエンジニア 神田大明神と、セミプロフェッショナルメカニック ヨレヨレ君がいるので、私は本来の業務、雑用に専念できる。

弁当買い出し、ステッカー張り、片付けetc…

本日の収穫は、

大会公式スポンサーWÜRTH様のブースで500円ガチャポンをやっていたので、ちょうど欲しかった、はずれ枠の車内洗浄剤を求めてガチャ。

あれ? プラハンが当たった。

いや、これは私の欲しい物じゃない。もう一回。

あれ、こんどはサロペット…

うん、欲しいものは当たらないみたいなので、もうやめておこう…

ごちそうさまでした。
さっそく明日から使わせていただきます。

ラリー北海道 サービス 初日

ラリー北海道のサービス。
神田さん、ヨレ君と一緒にプレマシーで大洗から苫小牧へのフェリー。
これから北海道に行くというのに、大洗で寿司。

久しぶりに乗った大洗便のさんふらわあは、改装したのだろうか。
見覚えのあるものとは違い、船内はかなりきれいになっていた。

出航前から飲み始め、23時前にベッドに。

10時間ほどぐっすり眠って起きると、潮の流れがいつもと違うということで、陸の近くを航行しているとの船内放送。
いつもは見ることができない、青森の灯台を見ることができた。

苫小牧まで、あと1時間ちょっと。今日は帯広まで走って終わり。