湯西川温泉のかまくら祭り

妻のご希望で、湯西川温泉のかまくら祭りに。

昼には宇都宮に着いたので、たまには正嗣でもちがう店に行ってみようと鶴田店に。

駐車場にほとんど車がいないように見えたので、もう終わってしまったかと思ったが、逆にタイミングがよかったようで待ち行列1番。直後に一気に混みだした。幸運な旅の出だし。

駒生店よりも、焼き方が少しやわらかい感じ。私の好みとしては駒生店の焼き方かな。あくまで好みの問題だと思うけど。

再び、日光宇都宮道路に乗り、今市まで。

道の駅湯西川によると、外での野菜直売も無く静か。翌日通りがけに見たら野菜直売をやっていたので、たぶん平日だったからと思われる。

湯西川 揚羽

今日の宿は湯西川 揚羽。

以前行ったときは、平家の庄という名前だったようだけれど、なぜか名前が変わっていた。

妻はけっこうお気に入りのようだけれど、私としては評価するところは6つある貸切露天風呂(3,000円で入り放題)くらいかな。

置いてある骨董品や装飾も、それ自体には価値はあるのかもしれないけれど、平氏ゆかりの宿としての魅力が高まるものではないなあ。古民家風テーマパークとして楽しみたい向きとか国外からの旅行者にはよいかもしれないが。

値段は平日とは言え、かまくら祭り時期の宿泊でビジホに毛が生えた程度の値段で湯西川の宿に泊まれて、それなりの食事も付いているので安いと思うので、施設、食事、ホスピタリティーについて不満はない。

預けて遠くの駐車場に停められていた車に思い切りドアパンチされていても我慢する(それがグチグチ書いている理由としても大きいんだろうけど)。

けれど、某旅行予約サイトのコメントの低評価に対して、(たとえ価格に対して過剰な要求だったとしても)「宿代安いでしょ。ものを知らない悪質なクレーマー」みたいな返事をする宿は、私はもう避けたいかな。

かまくら祭り

まあ、気を取り直して、今回のメインディッシュのかまくら祭り。

数百のミニかまくらが河川敷に並ぶ。

今年は雪が少ないので、どうなっているかと思っていたけれど、無事開催。

宿の送迎バスで18時に会場に向かう。

たぶんちょっと大きめのバケツくらいの大きさのミニかまくらのなかでろうそくが灯されている。

河川敷に並ぶたくさんのかまくらはけっこう距離がある。

河川敷に降りていく道にもあるので、こちらは中のろうそくの揺れまでよく見える。数は少ないけれど、こちらのほうが風情があるかな。

こういう感じ方になってしまうのは、私が目がよくないから遠くのものがよく見えないからなのだろうか。

河川敷までかまくらの間を歩いて降りて、近くでたくさんのかまくらを見ることができたら、もっとよいのだろうけれど。

そんな向きにはメイン会場の平家の里があるわけだが…

入場料500円はよいとして、宿の食事の時間が19時15分と指定されているので、寄っている時間はほとんどない。

かと言って食後でも、やはり平家の里は閉まってしまう。

ということで、平家の里の散策は諦めた。

まあ、これは祭りの時間帯と夕食時間が重なっているため、夕食6時と指定でき会場に歩いていける距離の宿でないと解決は難しいかな。

もし再訪するなら、私としては帰りは遅くなるが3時間あれば帰ってこれるし、日帰りで行きたいのが正直な所。

なにはともあれ、喜ぶ妻と一緒にこうして歩くことができるのは幸せなことだ。

湯西川の部落内を散策

翌朝、宿をチェックアウトして湯西川町内を散策。

寒くて体調もあまり良くないのに、妻はごきげんなのかよく歩きたがる。よかった。

こうやって見ると、やはり山の中の小さな集落。

コンビニすら一軒もなしだが、それが山奥の温泉宿という物。そこに好き好んで来ていながら、いろいろな便を求める人がいるのに宿がため息をつく気持ちもわからなくは無いけれど…

今でこそよく整備された道路があるけれど、昭和の頃はもっとアクセスがきつかったはずだが、それでここの人々の生活は幸せになったのだろうか。

なんて思うのは、発展を享受している都会の住民の戯言なのだろうか。

雪の大内宿

そして、(あるかどうかわからないけれど)雪の大内宿をめざす。

福島に入ったあたりから雪の量も増え始め期待大。

そして、現地では雪を載せた茅葺屋根が迎えてくれた。

白川郷の写真によるイメージが強いのかもしれないが、やはり雪が載っている茅葺屋根というのは古の日本の山村を思い起こさせてくれてよい。

泊まった宿の古民家風骨董品博物館と比べると、どちらが良い悪いではないが、やはりホンモノ感を感じさせてくれる。

建物をじっくり見せていただいたお店で茶さじを購入。会津塗らしい。

ずっと以前から欲しかったのだけれど、せっかくなら妻との旅行の思い出になる品がよいなと思って、今まで我慢していたのがやっと買えた。

金太郎 そば 山本屋にて「山本屋晴れの日膳」

妻の希望で入った「金太郎 そば 山本屋」。

私はくるみそば(ざる)、栃もちのつゆ餅、さしみこんにゃく、くるみアイスクリームのセット。妻は、あたたかいくるみそばで、セット品は2人でシェア。

栃もちのつゆ餅

くるみアイスクリーム

大内宿と言えばネギそばだけど、それは以前いただいていたので、今回は別のもの。

くるみそばはうまいし、セットの品々も食べる価値あり。正解。

そして、セットには入っていなかった小づゆもいただくことができた。

メニューも凝っているし、その他に読み物も置いてあって、料理がでてくるまでの時間も楽しむことができて、大満足。

両側を木で閉じる形の蛇腹メニュー

大内宿の歴史読み物

鹿の湯

同じ道を通って帰るのを避けて、国道121号〜289号〜県道290号と抜け、那須湯本鹿の湯に。

大人になったので、44度まで抑えゆっくりふやける。

やっぱり、温泉は硫黄の匂いがいい。

そして、妻のお気に入りのパン屋でいくつか仕入れて帰宅。

さあ、週明けから仕事頑張ろう。

奥日光3日目

今年も、3日間で10回は温泉でふやけた。

朝食を食べに一階に降りると、鹿が散歩していた。

今までは、そんなに動物を見ることは無かったのだけれど、昨日の猿といい暖冬が影響しているのかな。

朝食は、まあ昨日と同じ。

仕事が忙しくて、昨年末くることができなかった金精道路。

閉鎖して2週間もたっているのに、路面が見えてる…

帰路は、まず竜頭の滝に立ち寄り。

ほとんど凍っておらず、わずかに積もった雪はまるで春の景観。

そして、不思議なことに竜頭の滝には、毎年寄りたいという家人は華厳の滝にはほぼ興味を示さず、いろは坂を下る。

そして東照宮に。

数年前に一度来ていたけれど、前回は修理工事中だったのと、なにより家人が昨年大河ドラマが家康だったからということでご所望。

確かに、出来たてのように綺麗

中山法華経寺で引いたおみくじが、あまりよろしくなかったので、ここでも引いてみた。そんな風に引くおみくじに価値があるのか??

私としては、満足な内容。

要するに、積極的に動くこと無く、ただ待っていれば良い結果が訪れるということだな。

残った目的地は、お土産と行きに食べ損なった餃子。

両方を叶えるプランは、金谷ホテルベーカリー本社工場直営店経由で正嗣駒生店。高速を使わず下道を通っても、所要時間は変わらず。

工場直営店は、中にはいるのは初めて。
品数はかなり少ないかな、残念。市内他の店舗の品揃えの方が充実しているのは当然といえば当然か。

そして、30分ほど走って正嗣駒生店。

無事、店内に。

二人で、焼き4、水1を注文。

以前より生姜の量が増えている気がする。

店を出ると、扉には「本日の店内飲食は終了しました」の張り紙が。

ぎりぎり間に合ったようだ。よかった。

ただ、駒生店ももちろん美味しいのだけれど、次回は、別の店舗に行ってみようかな、と思う。

素直に、高速を使い珍しく17時台に帰宅。

今年も良い始まり。一年間頑張ろう。

奥日光2日目

今年は、雪が少ないというよりも暖冬のよう。

いつもなら、つららというよりも氷柱というような氷がひさしから下がっていたのだけれど、今年はほとんど無い。

朝食は毎年安定の正月メニューのバイキング。でも、美味しいからこれでよい。


正直、食べたいものが多すぎて全部食べきれずにお腹いっぱいになってしまう。

行く前に、「奥日光に行くのは、慣れたところだから、『ここに行ってみたい』みたいにならずに、ゆっくりできるから」と言われたので、宿で一日ゆっくりしようかと思ったけれど、昼近くになって結局「お散歩に行きたい」ということで、湯元のまちなかを散歩。

源泉地では、数匹の猿を見かける。

階段を避けていた温泉神社にも初参拝。残念ながら期待したほどに景色はよくなかった。

休暇村でお茶でもしようかと思っていたけれど、以前のロビーのレストランは存在せず。
コロナの余波でやめてしまったのだろうか。残念。

夕食。

夕食後に、本日のメインイベント。
戦場ヶ原での星空鑑賞。

期待以上というか、日本でこれだけの星空を見たのは何十年ぶりだろう。
ラリーの時には、そんなロケーションに行っていることもあるのだろうが、そんなにゆっくり星空を眺めることはない(笑)。

カメラは持っていかなかったので、スマホで撮ってみた。

シャッタースピード10秒でも、これだけ撮れる。いいね。

新年恒例、奥日光初日

毎年恒例、新年の奥日光旅行。

行きは宇都宮で餃子を食べて、奥日光に向かおうと考えていたのだが、予定の店は休みで、私が寝坊をしたのもあって宿に直行。

いろは坂を登り始めても雪が全然ない。

天気も良く空気が綺麗な中禅寺湖

宿は、もう10年以上、お世話になっている森のホテル。

私の中では中ランクの宿だけれど、価格を考慮すれば、ベスト3に入るお気に入りの宿。

施設は、きれいで掃除が行き届いているし、スタッフの方も皆さんとても良い感じ。そして食事も美味しい。

家人もかなりお気に入りで、私が何も言わなくてもここを選ぶ。

夕食はこんな感じ。もちろん大満足。